仮想通貨で儲ける方法は

FXの取引時間 取引が活発な時間帯

FXの取引時間 取引が活発な時間帯

この章では、FXの時間帯ごとにどんな値動きになりやすいのか、ということを解説します。値動きを決める一番の決め手は、どれだけの数の参加者がいるかということです。参加者が多いと値動きも激しくなる傾向があります。

FXの取引時間は?土日は休み?月曜の開始時間も徹底比較!

FXの取引時間

基礎知識

FX取引する人

FXの取引時間は「平日24時間」と説明されることが多いのですが、実は時差の関係もあり月曜の朝~土曜の朝まで取引が可能です。

ただし、細かい取引時間はFX会社によって異なります

以下、取引しやすいおすすめの時間帯取引できない土日の過ごし方FX会社別の取引可能な時間帯なども詳しく解説します!

おすすめのFX取引時間帯

  • 午前6時~午前8時(オセアニア時間)
  • 午前8時~午後3時(東京時間)
  • 午後3時~午後9時(欧州時間)
  • 午後9時~翌午前6時(ニューヨーク時間)

取引する通貨ペアによっても異なりますが、一般的には午後9時~翌午前2時の間が最も値動きが多い時間帯です。

午前6時~午前8時(FXの取引時間 取引が活発な時間帯 オセアニア時間)

NY市場が閉まった直後ということもあり、世界的にみても値動きが少ない時間帯です。

午前8時~午後3時(東京時間)

特に毎月5日・10日の「ゴトー日」は日本企業の決済日に当たることが多く、外国への支払いをするためドル買いが出やすくなります。

エフ男 NZドルって、どんな特徴があるの?他の通貨とはどう違うんかなぁ? NZドル(ニュージーランドドル)は、かつてスワップポイント運用で(そこそこ)人気だった通貨。 政策金利の推移も含め、NZドルの特徴・.

午後3時~午後9時(欧州時間)

エフ男 ユーロってよく聞くけど、一体どんな通貨なの? ユーロと聞くと何だかイケイケなイメージですが(かつての私だけでしょうか)、実際どんな通貨なのか分かりづらいですよね。 以下、ユーロの特徴やFXでの稼ぎ方.

ポンドとは、イギリスで使用されている通貨のこと。FXの管理画面では、通貨コード「GBP」の3文字で表示されています。 「GBP」=Great Britain Poundの略。 ちなみに、ポンド(£)より下にはペンス(P)という単位もあり.

午後9時~翌6時(ニューヨーク時間)

日本時間の午後9時過ぎごろからは、ついにアメリカのNY市場も開場!値動きがピークを迎えます。

特に午後9時~翌2時頃はNY市場とロンドン市場が両方オープンしているので、値動きが最も活発になる時間帯です。

エフ男 FXといったら米ドル!ってイメージだけど、他国の通貨と比較してどんな特徴があるんかなぁ? FXの登竜門、米ドル/円の特徴やおすすめの稼ぎ方、今後の見通しなどをまとめてみましたので、ぜひ米ドル取引の際に.

FX取引できない日・時間帯について

土日の過ごし方はとっても大事

そのため、実は土日も微妙に値動きしているのです!

また、土日はこれまでの振り返り&今後のトレード戦略を練る絶好のチャンス

土日は相場が動かないといっても、情報収集とかまとめとか反省とか戦略とか設定とか色々やるとどちらかの1日は潰れる
週6日労働。。。

— 羊飼いFX🦋 (@hitsuzikai) March 16, 2019

また、特にこれまで「なんとなく」で選んだFX口座を使い続けている人は、そのFX口座と自分のトレードスタイルがマッチしているかを確認してみましょう。

短期売買をメインにするか中長期売買をメインにするかで、利益が生み出しやすいFX口座は大きく異なります

エフ男 FXって、どのくらいの期間でどんな風にトレードしていくの?全然イメージがわかないなぁ… FXのトレードスタイルは、大きく分けて以下の4種類! それぞれ期間だけでなく、手法・コツも異なります。トレ.

祝日(年末年始・GWなど)FXの取引時間 取引が活発な時間帯 は取引可能!が、しかし…

日本の祝日もFX取引はできます。ただし、元旦とクリスマスはお休みです。

FX初心者

こうした市場参加者が少ないときは、スプレッドが広がりやすいので要注意ですよ。詳しくは「スプレッド比較」にて解説しています。

FX会社別 取引時間比較一覧表(2022年 夏時間版)

FX取引ができる時間帯は、日本時間の毎週月曜の午前7時前後~土曜の午前6時前後。日本時間では、厳密には土日休みではありません。

前後」と表現したのは、実は取引可能な時間帯はFX会社によって異なっているからです。以下、各FX会社の取引可能時間帯です。

FX会社開始
(月曜の朝)
終了
(土曜の朝)FXの取引時間 取引が活発な時間帯
詳細ページ
6:30~~5:30 詳細
7:10~~5:50 詳細
7:10~~5:50 詳細
7:00~~5:55 詳細
7:00~~5:00 詳細
7:00~~6:00 詳細
7:00~~5:55 詳細 FXの取引時間 取引が活発な時間帯
7:00~~5:50 詳細 FXの取引時間 取引が活発な時間帯
7:00~~5:55 詳細
7:00~~5:30 詳細
7:00~~5:55 詳細
7:00~~5:50 詳細
5:00〜~6:00 詳細
6:30~~5:30 詳細
7:00~~5:55 詳細
7:00~~5:40 詳細
7:00~~6:00 詳細 FXの取引時間 取引が活発な時間帯
7:00~~5:50 詳細
4:00~~6:00 詳細 FXの取引時間 取引が活発な時間帯
※2022年夏時間

ほとんどのFX会社が月曜の開始時間が午前7時ですが、サクソバンク証券では午前4時、冬時間の場合は午前3時から取引できます。

FXトレーダー

土日で起きた事件や事故の影響が一気に反映されるため、為替レートが一気に変動します。ローソク足が途切れるほどに変動することもあるため「窓が開いた」と言われますが、この開いた窓は埋まることが多いのです。

そしてサクソバンク証券では他のFX会社よりも早く取引が開始できるため、より有利な条件で窓埋めトレードができるというわけです。

FX取引する人

エフ男 FXって、初心者でも簡単にできる必勝法ってないんかなぁ〜? FXはトレード手法や時間帯によって、勝率が大きく変わってきます。また、FX会社が無料提供しているツールをうまく利用することで、勝率をグ〜ンっ.

FXの取引時間 と時間帯ごとの特徴|各国の市場の傾向とおすすめの取引時間


FX会社の取引時間は、FX会社によって多少のばらつきがありますが、おおむね月曜日午前7時〜土曜日午前7時までです。ただし夏時間(サマータイム)では月曜日午前6時〜土曜日午前6時までとなります。サマータイムとは、欧米を中心に広く用いられている、時計の針を1時間進めて仕事などを行う制度のこと。外国為替を扱うFXでも、その影響を受けてます。サマータイムの期間は、3月の第2日曜日から11月の第1日曜日までとなります。

この記事では、主要なFX業者の取引時間や、時間帯ごとの特徴、おすすめの取引時間などについて解説します。FXの時間について正確な知識を得ることで、あなたの取引を有利にしていきましょう。少しでも有利になる要素を積み重ねることが、勝率を高めることに寄与します。

1.FXの取引可能時間は?|土日もできるの?各社で比較

1-1.FXの取引可能時間を楽天やGMOなど各社で比較

GMOクリック証券
月曜午前7:00〜土曜午前7:00(月曜午前7:00〜土曜午前6:00/ サマータイム)

楽天証券
月曜午前7:00〜土曜午前6:55(月曜午前7:00〜土曜午前5:55/ サマータイム)

マネックス FX
月曜午前7:00〜土曜午前6:55(月曜午前7:00〜土曜午前5:55/ サマータイム)

ライブスター証券
月曜午前7:00〜土曜午前6:55(月曜午前7:00〜土曜午前5:55/ サマータイム)

ひまわり証券
月曜午前7:00〜土曜午前6:55(月曜午前7:00〜土曜午前5:55/ サマータイム)

外為どっとコム
月曜午前7:00~土曜午前6:55(月曜午前7:00〜土曜午前5:55/ サマータイム)

DMM FX
月曜午前7:00〜土曜午前6:50(月曜午前7:00〜土曜午前5:50/ サマータイム)

SBI FX
月曜午前7:00〜土曜午前6:30(月曜午前7:00〜土曜午前5:30/ サマータイム)

ヒロセ通商 LION FX
月曜午前7:00〜土曜午前6:00(月曜午前7:00〜土曜午前5:00/ サマータイム)

インヴァスト証券
月曜午前7:00〜土曜午前6:00(月曜午前7:00〜土曜午前5:00/ サマータイム)

1-2.FXの取引可能日|祝日でも取引可能で土日は休み

FXは土曜日と日曜日は、基本的に取引できませんが、土日以外の祝日であれば、取引ができます。つまり、一部例外はありますが、土曜と日曜以外は市場が開いているということです。また、1月1日は市場が開いていないので、曜日に関係なく取引はできません。

2.FXの時間帯ごとの特徴と値動きの傾向や癖


この章では、FXの時間帯ごとにどんな値動きになりやすいのか、ということを解説します。値動きを決める一番の決め手は、どれだけの数の参加者がいるかということです。参加者が多いと値動きも激しくなる傾向があります。

2-1.オセアニア市場の値動きは粗い|日本時間5時〜14時

オセアニア市場は、週の初めに世界で最も早く市場が開くため、週末のサプライズに最も早く反応します。また流動性が低いため、根が飛ぶような(窓を開けるような)大きな値動きになることもあります。9時に日本の市場が開くまで、その傾向は続くため比較的読みづらい時間帯だと言えます。

2-2.東京市場はレンジ|日本時間9時〜19時

とはいえ、欧州市場やニューヨーク市場に比べると参加者は少ないこともあり、経済指標に対する反応も小さい場合が多く、高値や安値も限定的で、レンジ相場を形成することも多いです。また、日本の株式市場と連動することも多く、比較的読みやすい値動きを形成することもよくあります。

2-3.欧州市場にトレンドが発生?|日本時間16時〜3時

欧州市場の取引の中心時間は、16:00~24:00です。ドイツ・イギリス・フランス・スイスなど、ヨーロッパ各国での取引が活発になります。また、欧州市場は参加者が多いだけに、経済指標にも大きく反応します。この時間帯の特徴としては、オセアニアや東京時間に比べて、トレンドが発生しやすい傾向にあります。

2-4.ニューヨーク市場は癖が強い|日本時間22時〜7時

ニューヨーク市場そのものが大規模なものですが、さらに上記の欧州市場と半日重なっているため、ダイナミックな値動きを形成します。また、米国の重要経済指標が発表されるのも、多くの場合この時間帯です。当然ですがアメリカ系ファンドも多く参加しており、様々な思惑が渦巻いているためクセの強い値動きをすることも多いです。

3.FXの取引時間帯のおすすめは?


FXの秘訣の一つに、自分の得意な取引時間帯を持つということがあります。FXは24時間動いていますが、その全ての時間に取引はできませんし、取引する必要もありません。自分が好きな時間、得意な値動きをする時間をつかんで、その時だけ取引すれば勝率は上がっていきます。

3-1.動きの激しい時間帯が稼げる時間帯といえる

FXで儲けが出やすい時間帯はやはり、値動きの激しい21時〜24時の時間帯です。この時間帯には米指標も多く発表され、相場が一気に動き出します。

3-2.東京時間は値動きを読みやすい

ただし値動きは限定的になりやすく、少ない値幅を確実に取っていくような取引になりがちです。でもこうした取引をうまくできれば、安定的な収入につながっていきます。

4.おわりに|どんな時間軸や時間足で取引するかも大切 FXの取引時間 取引が活発な時間帯


この記事では、FXの時間帯ごとの値動きの特徴について解説しました。ぜひそれぞれの時間帯の値動きをつぶさに観察して、自分が得意な時間帯を作ってほしいですね。

FXでおすすめの取引時間帯とは?市場ごとの特徴を徹底解説!

ひろぽん(笑顔)

ひろぽん

  • FXの4つの取引時間帯ごとの特徴を知る前に
    • 4つの取引市場は継続している
    • 夏時間(サマータイム)と冬時間で時間が変わる
    • 前半(早朝)は値動きが小さくスプレッドが広い
    • 後半(午前中)は豪ドル、NZドルの指標発表に注意
    • 前半(午前中)はまだまだ値動きの小さな時間帯
    • 後半(午後)は欧州勢の参入で値動きが活発に
      FXの取引時間 取引が活発な時間帯
    • 前半(夕刻)からトレンド発生
    • 後半(夜)はNY勢の参入で値動きは最高潮
    • 前半(夜)は米国の指標発表に注意
    • 後半(深夜)は徐々に取引薄に
    • ①月曜日:窓開けに注意
    • ②火曜日~木曜日:取引量が多くトレードしやすい
    • ③金曜日:手仕舞いの増加、新規ポジションは注意
    • Q1.初心者がトレードするのにおすすめの時間帯はありますか?
    • Q2.4つの取引市場ごとの特徴を教えて下さい
    • Q3.短期トレードに向いている時間帯はいつですか?

    FXの4つの取引時間帯ごとの特徴を知る前に

    まず 市場同士がどう繋がっているか について簡単に説明します!

    4つの取引市場は継続している

    ひろぽん(標準)

    ひろぽん

    夏時間(サマータイム)と冬時間で時間が変わる

    例えば夏時間適用時は、冬時間より 1時間 早い時間から市場が取引を開始。ニューヨーク市場を例にあげると、夏時間は21:00からですが、冬時間は22:00から開場です。

    つまり 夏時間か冬時間かによって、月曜朝のマーケット開始時間と土曜朝のマーケット終了時間が変わる ということですね。

    • オセアニア市場が開く時間: 5:00⇒4:FXの取引時間 取引が活発な時間帯 00
    • ニューヨーク市場が閉まる時間: 4:00⇒5:00

    さらに夏時間か冬時間によって 経済指標の発表時間が変わる ということにも気を付けておきましょう!

    オセアニア市場は南半球にあるので、夏時間適用期間が北半球の市場と逆ってことです! 例えばオセアニア市場に夏時間が適用されている時は、ロンドン市場やニューヨーク市場は冬時間といったように逆転します。 [自由ボックス並列 title_yellow="夏時間の適用期間(南半球)" heading_yellow="オセアニア市場" content_yellow="9月最終日から4月第1土曜日" title_blue="夏時間の適用期間(北半球)" heading_blue="ニューヨーク市場,ロンドン市場" content_blue="3月第二日曜日から11月第一日曜日,3月最終日から10月最終日曜日"]※FX会社によって夏時間の適用期間は異なります [char no=45 char="ひろぽん(笑顔)"]日本にはサマータイムがないから慣れないと思うけど、FXは日本以外の国も関係するから頭に入れておくんだ![/char] -->

    オセアニア市場時間帯(5:00~15:00)の特徴

    前半(早朝)は値動きが小さくスプレッドが広い

    ※米ドル/円のチャート。 市場名の横の数字は変動幅(240 ⇒ 24.0Pips) 。4Sessionsで表示

    週明けは窓開けとなる可能性も

    また、週末に相場に影響するようなニュース(要人発言など)があったときには、月曜日の早朝にレートが飛ぶ 「窓開け」 が起きたり、大きくレートが動くこともあります。

    ひろぽん(考える)

    ひろぽん

    後半(午前中)は豪ドル、NZドルの指標発表に注意

    早朝に比べると動きが出てくるものの、 オセアニア市場の後半(8:00頃から)はまだまだ値動きがゆるやか時間帯と言えます。 ですが、 10:30ごろのオーストラリアやニュージーランドの指標発表時には大きく動くことがあります。

    例えばオーストラリアの8月小売売上高が発表された2020年10月2日の10:30ごろには 約0.FXの取引時間 取引が活発な時間帯 72円 レートが急落していることがわかりますね。

    ひろぽん(驚き)

    ひろぽん

    東京市場時間帯(8:00~17:00)の特徴

    前半(午前中)はまだまだ値動きの小さな時間帯

    五十日には円安ドル高傾向!?

    ちなみに、 五十日(ごとうび) と呼ばれる5と10の付く日(5、10、15日など)には、比較的 円安ドル高傾向 になりやすいと言われています。というのも輸出入企業の多くが請求の締め日を五十日に設定していることから、円でドルが買われることが多いためですね。

    ひろぽん(標準)

    ひろぽん

    FXの世界ではこういった相場での 経験則 がたくさんあるんだ。でも売買根拠にはならないから、経験則だけに沿ったトレードはしないでおこうな!

    後半(午後)は欧州勢の参入で値動きが活発に

    ここで注目しておきたいのはロンドン市場のオープンに合わせて 相場が転換し始めていること。 15時までの東京市場の値動きとは対照的に、ロンドン市場が開くとレートが急落しています。このように値動きの方向が大きく変わることも少なくありません。

    ロンドン市場時間帯(15:00~1:00)の特徴

    前半(夕刻)からトレンド発生

    例えば2020年9月21日のロンドン市場前半には数時間でレートが0.8円程度も上がり、そのまま 上昇トレンド が生まれていることがわかります。

    ひろぽん(笑顔)

    ひろぽん

    FXで最も動く時間帯とは?流動性の高い時間で効率よく利益を狙う方法

    FX入門・初心者

    湊

    一日の中でFX相場って いつ動きやすく なるの?

    明日香

    一日の中でFX相場が 動かない時間帯 についても知りたいわ!

    • 一日の中でFX相場の動く時間は三大市場
    • 一日の中でFX相場の動かない時間帯や注意すべき時間帯
    • 三大市場を利用し優位性のある取引を行う方法2つ

    本記事を最後までご覧いただければ、動きやすい時間帯や注意すべき時間帯を知り、思わぬ損失をするリスクを減らすことができます。

    一日の中でFX相場の動く時間は三大市場

    FX取引において相場の動く時間帯は、主に 三大市場 と呼ばれている時間帯です。

    三大市場とは、主に東京市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場の3つを指します。

    さくら

    東京市場は、 午前9時~午後15時 までの時間帯に開いている市場です。

    市場の流動性としては三大市場の中でも一番低いため、値動きは緩やかになりやすい傾向があります。

    ロンドン(欧州)市場

    ロンドン市場は 午後16時~午前2時 (冬時間は 午後17時~午前3時 )までの時間帯に開いている市場です。

    ロンドン市場は三大市場の中でも一番取引量が多い時間帯のため、特にユーロやポンド系の通貨が大きく動きやすい傾向にあります。

    ニューヨーク市場

    ニューヨーク市場は、 午後22時~午前6時 (冬時間は 午後23時~午前7時 )までの時間帯に開いている市場です。

    ニューヨーク市場で特に注意しなければならないのが、月に1回発表される「 米国雇用統計 」です。

    巷では、月に一度のお祭りとも呼ばれており、発表の内容次第では、トレンドが終わったり新たなトレンドが始まったりするくらい重要な位置づけとなります。

    一日の中でFX相場の動かない時間帯や注意すべき時間帯

    FXは、土日を除く 24時間の取引が可能 です。

    日本時間の早朝

    日本時間の早朝は、市場に参加しているトレーダーが少なく市場の流動性が低いため、為替が 動きづらい時間帯 になります。

    ただし、窓を必ず埋めるわけではないため、初心者の方が窓埋めを狙って取引を行うことはおすすめしません。

    日本時間のお昼

    日本時間の 午前 11時30分~午後13時 までは、日経もランチタイムに入るため、流動性が低くあまり動かない傾向にあります。

    お昼の時間帯は一定の変動幅で為替の上昇と下降を繰り返すレンジ相場になっていることが多いので、大きな利益を上げるのは難しいでしょう。

    経済指標発表前後

    経済指標発表前後は、為替が 激しく動く時間帯 なので注意しましょう。

    特に、アメリカの政策金利発表(FORM)や雇用統計、日本の金融政策決定会合や日銀短観などの発表前後は為替レートが荒れやすいので注意しましょう。

    FXの取引時間 と時間帯ごとの特徴|各国の市場の傾向とおすすめの取引時間


    FX会社の取引時間は、FX会社によって多少のばらつきがありますが、おおむね月曜日午前7時〜土曜日午前7時までです。ただし夏時間(サマータイム)では月曜日午前6時〜土曜日午前6時までとなります。サマータイムとは、欧米を中心に広く用いられている、時計の針を1時間進めて仕事などを行う制度のこと。外国為替を扱うFXでも、その影響を受けてます。サマータイムの期間は、3月の第2日曜日から11月の第1日曜日までとなります。

    この記事では、主要なFX業者の取引時間や、時間帯ごとの特徴、おすすめの取引時間などについて解説します。FXの時間について正確な知識を得ることで、あなたの取引を有利にしていきましょう。少しでも有利になる要素を積み重ねることが、勝率を高めることに寄与します。

    1.FXの取引可能時間は?|土日もできるの?各社で比較

    1-1.FXの取引可能時間を楽天やGMOなど各社で比較

    GMOクリック証券
    月曜午前7:00〜土曜午前7:00(月曜午前7:00〜土曜午前6:00/ サマータイム)

    楽天証券
    月曜午前7:00〜土曜午前6:55(月曜午前7:FXの取引時間 取引が活発な時間帯 00〜土曜午前5:55/ サマータイム)

    マネックス FX
    月曜午前7:00〜土曜午前6:55(月曜午前7:00〜土曜午前5:55/ サマータイム)

    ライブスター証券
    月曜午前7:00〜土曜午前6:55(月曜午前7:00〜土曜午前5:55/ FXの取引時間 取引が活発な時間帯 サマータイム)

    ひまわり証券
    月曜午前7:00〜土曜午前6:55(月曜午前7:00〜土曜午前5:FXの取引時間 取引が活発な時間帯 55/ サマータイム)

    外為どっとコム
    月曜午前7:00~土曜午前6:55(月曜午前7:00〜土曜午前5:55/ サマータイム)

    DMM FX
    月曜午前7:00〜土曜午前6:50(月曜午前7:00〜土曜午前5:50/ サマータイム)

    SBI FXの取引時間 取引が活発な時間帯 FX
    月曜午前7:00〜土曜午前6:30(月曜午前7:00〜土曜午前5:30/ サマータイム)

    ヒロセ通商 LION FX
    月曜午前7:00〜土曜午前6:00(月曜午前7:00〜土曜午前5:00/ サマータイム)

    インヴァスト証券
    月曜午前7:00〜土曜午前6:00(月曜午前7:00〜土曜午前5:00/ サマータイム)

    1-2.FXの取引可能日|祝日でも取引可能で土日は休み

    FXは土曜日と日曜日は、基本的に取引できませんが、土日以外の祝日であれば、取引ができます。つまり、一部例外はありますが、土曜と日曜以外は市場が開いているということです。また、1月1日は市場が開いていないので、曜日に関係なく取引はできません。

    2.FXの時間帯ごとの特徴と値動きの傾向や癖

    FXの取引時間 取引が活発な時間帯 FXの取引時間 取引が活発な時間帯
    この章では、FXの時間帯ごとにどんな値動きになりやすいのか、ということを解説します。値動きを決める一番の決め手は、どれだけの数の参加者がいるかということです。参加者が多いと値動きも激しくなる傾向があります。

    2-1.オセアニア市場の値動きは粗い|日本時間5時〜14時

    オセアニア市場は、週の初めに世界で最も早く市場が開くため、週末のサプライズに最も早く反応します。また流動性が低いため、根が飛ぶような(窓を開けるような)大きな値動きになることもあります。9時に日本の市場が開くまで、その傾向は続くため比較的読みづらい時間帯だと言えます。

    2-2.東京市場はレンジ|日本時間9時〜19時

    とはいえ、欧州市場やニューヨーク市場に比べると参加者は少ないこともあり、経済指標に対する反応も小さい場合が多く、高値や安値も限定的で、レンジ相場を形成することも多いです。また、日本の株式市場と連動することも多く、比較的読みやすい値動きを形成することもよくあります。

    2-3.FXの取引時間 取引が活発な時間帯 欧州市場にトレンドが発生?|日本時間16時〜3時

    欧州市場の取引の中心時間は、16:00~24:00です。ドイツ・イギリス・フランス・スイスなど、ヨーロッパ各国での取引が活発になります。また、欧州市場は参加者が多いだけに、経済指標にも大きく反応します。この時間帯の特徴としては、オセアニアや東京時間に比べて、トレンドが発生しやすい傾向にあります。

    2-4.ニューヨーク市場は癖が強い|日本時間22時〜7時 FXの取引時間 取引が活発な時間帯

    ニューヨーク市場そのものが大規模なものですが、さらに上記の欧州市場と半日重なっているため、ダイナミックな値動きを形成します。また、米国の重要経済指標が発表されるのも、多くの場合この時間帯です。当然ですがアメリカ系ファンドも多く参加しており、様々な思惑が渦巻いているためクセの強い値動きをすることも多いです。

    3.FXの取引時間帯のおすすめは?


    FXの秘訣の一つに、自分の得意な取引時間帯を持つということがあります。FXは24時間動いていますが、その全ての時間に取引はできませんし、取引する必要もありません。自分が好きな時間、得意な値動きをする時間をつかんで、その時だけ取引すれば勝率は上がっていきます。

    3-1.動きの激しい時間帯が稼げる時間帯といえる

    FXで儲けが出やすい時間帯はやはり、値動きの激しい21時〜24時の時間帯です。この時間帯には米指標も多く発表され、相場が一気に動き出します。

    3-2.東京時間は値動きを読みやすい

    ただし値動きは限定的になりやすく、少ない値幅を確実に取っていくような取引になりがちです。でもこうした取引をうまくできれば、安定的な収入につながっていきます。

    4.おわりに|どんな時間軸や時間足で取引するかも大切


    この記事では、FXの時間帯ごとの値動きの特徴について解説しました。ぜひそれぞれの時間帯の値動きをつぶさに観察して、自分が得意な時間帯を作ってほしいですね。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる