オプション戦略のご紹介

RSIをあなたのチャートに追加する方法

RSIをあなたのチャートに追加する方法
    RSIをあなたのチャートに追加する方法 作業ディレクトリ(Working Directory)

RSIをあなたのチャートに追加する方法

高級革使用のApple Watchの二重巻きタイプの ベルトを紹介致します。

⭐︎ヴォーエプソン(Veau Epsom)の特徴:
キメ細やかな革目の型押しが施されており、比較的硬めですが軽量で持ちやく、型崩れしにくいのが魅力です。

Apple Watchに高級インポートのレザー RSIをあなたのチャートに追加する方法
このチグハグな感じが何ともいい感じでこだわって製作しています。この色味でこの質感の革、是非手に取って実感して下さい♪

■本体に取り付けるアダプタもカラー展開ございます。
・ブラック
・シルバー
・ゴールド
・ローズゴールド

※写真は徐々にアップしていく予定なのでお手数ではございますが、是非見てくださいね
本当にいろんなカラーがございますので見てて飽きないと思います♪
悩みに悩みぬいて下さいませ☆

◆サイズ:長さは調整可能なので男女問わず使用可。
私細いです!という方も是非ご相談下さい☆
時計のサイズは38mm、41mm, 42mm、40mmと44mm, 45mm共に対応しております。
ご注文の際に希望サイズをお知らせ下さいませ。
カーラーも変更可能ですのでご希望がありましたら教えてください。
又はApple Watchだけではなく、どんな時計のベルトも対応可能ですので、サイズを教えていただければ作成します。
==================================

◆素材
表:ヴォーエプソン(Veau Epsom)
裏:耐汗加工素材
尾錠金具:ステンレス鋼
Apple RSIをあなたのチャートに追加する方法 Watch 接続金具:ステンレス鋼

■「GRACE TOKYO」ではハンドメイドで作業を行なっています。
レザーアイテムはこれから何年もお使い頂くことになると思っています。
そんなあなたの人生の "大切な1品” になれるよう日々努力して参ります。
【注意】
■手作業での工程の為、革に製作工程時の擦れ傷等が付いている場合があります。
■お客様のPC閲覧環境により画像の色は異なって見えることがあります。
■極端に程度が良くないものは避けておりますが天然皮革の為、多少の傷・しわ・漉き筋・汚れ等などがあります。
■ご注文際にアップルウォッチや時計のサイズ(男性用or女性用か)、金具の色と他の特別の希望を備考欄にご入力ください。

開発進捗率の謎!?

このブログを読んでいるあなたの開発チームは、開発進捗管理をどのように行なっていますか? ・ガントチャート方式 エクセル好きな年配管理者も多い事から、いまだに手作りガントチャートで運用している人も多いのでは無いでしょうか? 日別に何の作業をやるか明確にわかりやすいですが、これってチーム開発の基本の様な感じがしますが、そもそもこの綺麗なガントチャートを作って運用管理する工数が、このチャートに反映されていないところから、 かなり曖昧な値である事がわかります。 これ結構時間かかるんですよね。簡易に考えている管理者のプロジェクトは、必ず炎上しますからね(個人的な経験に基づく発言です) ・jira方式 今時の開発っぽい、webサービスを使った進捗管理方法です。 https://www.atlassian.com/ja/software/jira 見た目でグラフが上がっているか下がっているかで、進捗の進み具合を確認する事ができて便利そうですが、やっている事はガントチャートと全く同じです。 入力する欄が用意されていて、運用は若干らくなのと、プロジェクトが変更したときにリカバリ方法などが仕組み化されていて、便利と感じる人も多い様です。 ほかにも、Backlogやwrike、asana、trello、stock. 腐るほどあります。レッドオーシャンやったんかい! そのツールを使っても、実際に開発する人の作業は何にも変わりません。 そして、「このタスクいつ終わるの?」と聞かれて、先週は10%進んでいて、来週までに終わらせるから、とりあえず「50%ぐらい進んでます」と言っておけばいいと思ってそのまま進捗管理ツールに登録しているエンジニア、多く無いですか? 要するに、進捗率って、ナンの根拠もない数値である事が大半なんですよね。

%に意味はなく、0か100かそれ以外で考えよ

そもそも進捗率って、ちゃんと工数を消化できているか、納期までに完了できるかという目安にするためのものですよね。 ウォーターフォール式で、全ての作業を洗い出して、全部で100個の作業があった時に、10個の作業が終わっていれば、10%とするとわかりやすいと思いますが、実際は、1機能で1タスクで数える事が多く、 1タスクの進捗度合いが、半分ぐらい終わっているから50%としてしまいがちです。 この50%は、開発のコーディング作業が終わるまでの時間で、その後の検証やら、問題発生時の工数は含まれないので、結果的にそうした作業があとから追加されて、想定工数をオーバーしてしまうケースがよくあります。 もちろん、作業を細かなタスクとして登録できればいいのですが、そうしたことを踏まえての設計をきちんとできている現場もなかなか少ないのも現実なので、多くの現場では、 想定外が発生した時のリカバリー期間を、「バッファ」という名目で設けています。これもまた曖昧な単位で笑ってしまうんですが、想定の20%から30%ぐらいのバッファが普通という風に感じている人もいれば、 200%ぐらいの感覚もいるし、実際にお金を支払うクライアントからすると、1%でもバッファなんか設けてくれるなと考えている人たちもいます。 個人的にはバッファと聞くともはやカオス開発現場という風に聞こえてしまうのは正常なのでしょうか? やはり、デジタル作業ということも考えて、0か1でタスクの完了を判断するのが好ましいですね。

進捗に悩んでいる人の話

とにかく、ディレクションをする人で、開発現場の進捗管理をする中間管理職の人は、おそらく多くの場合、「面白くない仕事」と感じているでしょう。 ユゲタも正直、その仕事に面白みを感じるポイントは少ないですね〜。 RSIをあなたのチャートに追加する方法 1人でやった方がよっぽど効率的だし、独創的な開発がなかなができないというデメリットを強く感じてしまうので、 なるべく納期のある仕事は短期のみに留めたいと考えてしまいます。 長期で縛られる案件って、まあまあな手足縛られ感があるので、個人的にはその開発期間中はなんか閉塞感があるんですよね〜。 開発の人で、こんな感情に共感できる人いませんか?

RSIをあなたのチャートに追加する方法

高級革使用のApple Watchの二重巻きタイプの ベルトを紹介致します。

⭐︎ヴォーエプソン(Veau Epsom)の特徴:
キメ細やかな革目の型押しが施されており、比較的硬めですが軽量で持ちやく、型崩れしにくいのが魅力です。

Apple Watchに高級インポートのレザー 。
このチグハグな感じが何ともいい感じでこだわって製作しています。この色味でこの質感の革、是非手に取って実感して下さい♪

■本体に取り付けるアダプタもカラー展開ございます。
・ブラック
・シルバー
・ゴールド
・ローズゴールド

※写真は徐々にアップしていく予定なのでお手数ではございますが、是非見てくださいね
本当にいろんなカラーがございますので見てて飽きないと思います♪
悩みに悩みぬいて下さいませ☆

◆サイズ:長さは調整可能なので男女問わず使用可。
私細いです!という方も是非ご相談下さい☆
時計のサイズは38mm、41mm, 42mm、40mmと44mm, 45mm共に対応しております。
ご注文の際に希望サイズをお知らせ下さいませ。
カーラーも変更可能ですのでご希望がありましたら教えてください。
又はApple Watchだけではなく、どんな時計のベルトも対応可能ですので、サイズを教えていただければ作成します。
==================================

◆素材
表:ヴォーエプソン(Veau Epsom)
裏:耐汗加工素材
尾錠金具:ステンレス鋼
Apple Watch 接続金具:ステンレス鋼

■「GRACE TOKYO」ではハンドメイドで作業を行なっています。
レザーアイテムはこれから何年もお使い頂くことになると思っています。
そんなあなたの人生の "大切な1品” になれるよう日々努力して参ります。
【注意】
■手作業での工程の為、革に製作工程時の擦れ傷等が付いている場合があります。
■お客様のPC閲覧環境により画像の色は異なって見えることがあります。
■極端に程度が良くないものは避けておりますが天然皮革の為、多少の傷・しわ・漉き筋・汚れ等などがあります。
■ご注文際にアップルウォッチや時計のサイズ(男性用or女性用か)、金具の色と他の特別の希望を備考欄にご入力ください。

Git の基礎勉強 〜Git によるバージョン管理を使う〜

はじめてバージョン管理システムを利用する人、初学の人から、すでに開発に使っている人までこれまでのバージョン管理に比べ圧倒的に便利だ。という反面、「バージョン管理の利点と使い方はなんとなくわかる。が、分散バージョン管理はよくわからない」という声があります。私自身も git の利用を開始した当初は、「Index? HEAD? なにそれ? 」状態でした。流行のオープンソースの場合、インターネットにたくさんの情報があり、有用な日本語訳も提供されています。
でも、バージョン管理という新しい概念を学ぶときは初めての用語が多く、そもそもどのような検索キーワードで検索すればよいのか、公式マニュアルも専門用語の羅列でなんかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。分散バージョン管理も同じように新しい用語や概念が存在しており、それが「なんとなくわかっているけど、まだよくわからない」に繋がっていると思います。このチュートリアルで分散バージョン管理のモヤモヤを解消できるように解説したいと思います。

git の基礎勉強ではつまずきやすい分散バージョン管理の考え方と git の基本的な使い方を解説します。考え方さえ理解すればあとは実践あるのみです。とてもパワフルな分散バージョン管理「git」の世界にようこそ。

達成できること

このコンテンツを読むことで RSIをあなたのチャートに追加する方法
クローンからプルしてマージ、コミットしてプッシュする

分散バージョン管理の考え方

git 初めの一歩

初めの一歩として git を運用するとき共有リポジトリという考え方を理解しておく必要があります。共有リポジトリとは、複数人でリポジトリを共有して開発を行うときに、開発者全員が参照し、開発の元になるリポジトリです。中央リポジトリともいいます。
ここで、初めて出てきたキーワード「リポジトリ」について解説すると、リポジトリとはファイルの貯蔵庫のことです。バージョン管理したいファイル群を格納しておく箱となります。

/bootcamp/wp-content/themes/_btcp/images/git_fig1.jpg

作業ディレクトリとは、共有リポジトリから取得したローカル環境のリポジトリです。Working Directory とも言われますがここでは「作業ディレクトリ」とします。作業ディレクトリは共有リポジトリと同じ構成のあなた専用のファイル群です。自由に追加・編集しても良いファイルであり、git をつかった開発ではこの作業ディレクトリ上で開発を進めることになります。

git をつかった作業の流れ

git を使った開発を進めるために説明しておく必要がある3つの重要なキーワードがあります。
通常の開発は作業ディレクトリ上で行うことは説明しました。
作業ディレクトリで行った機能追加やバグ修正を共有リポジトリに反映する必要があります。この反映する作業のためにいくつかの段階と特殊な用語があるため git :分散バージョン管理の分かりにくい点があります。

    作業ディレクトリ(Working Directory)

git は作業ディレクトリでコミットが行われると master ブランチと呼ばれる作業ディレクトリを作ります。master ブランチは直近のコミットを指し示す意味を持っています。この後コミットを繰り返す度に master ブランチの指し示す場所は進んでいきます。HEAD とは作業ディレクトリでコミットされた最後のコミットを指すことを意味すると覚えておいて下さい。

/bootcamp/wp-content/themes/_btcp/images/git_fig3.jpg

/bootcamp/wp-content/themes/_btcp/images/git_fig2.jpg

ここまでの流れはすべて作業ディレクトリで行います。この時点では共有リポジトリには反映されていません。
古いコミット[98ca9]から HEAD として記録されたコミット[c2b9e]までを共有リポジトリに反映するための操作が必要です。

リポジトリの作成とクローン

これまでの git をつかった作業の流れをコマンドで見てみましょう。
共有リポジトリがない場合、リポジトリを作成することができます。リポジトリの作成は

通常は開発メンバーで一緒に開発を進めることが想定されるため、共有リポジトリを利用する場合が多いでしょう。共有リポジトリを利用して開発を進める場合、クローン(clone)して作業ディレクトリをローカルに作成します。
Subversion などは「チェックアウト(checkout)」を実行していましたが、分散バージョン管理「Git」はクローン(clone)します。このクローンはサーバが保持しているデータをほぼすべてローカルにコピーします。これはプロジェクトのすべてのファイルのすべての履歴が手元にコピーされることを意味しています。他の開発者に影響を与えずにブランチを作成したりできる分散管理バージョンのメリットです。

開発進捗率の謎!?

このブログを読んでいるあなたの開発チームは、開発進捗管理をどのように行なっていますか? ・ガントチャート方式 エクセル好きな年配管理者も多い事から、いまだに手作りガントチャートで運用している人も多いのでは無いでしょうか? 日別に何の作業をやるか明確にわかりやすいですが、これってチーム開発の基本の様な感じがしますが、そもそもこの綺麗なガントチャートを作って運用管理する工数が、このチャートに反映されていないところから、 かなり曖昧な値である事がわかります。 これ結構時間かかるんですよね。簡易に考えている管理者のプロジェクトは、必ず炎上しますからね(個人的な経験に基づく発言です) ・jira方式 今時の開発っぽい、webサービスを使った進捗管理方法です。 https://www.atlassian.com/ja/software/jira 見た目でグラフが上がっているか下がっているかで、進捗の進み具合を確認する事ができて便利そうですが、やっている事はガントチャートと全く同じです。 入力する欄が用意されていて、運用は若干らくなのと、プロジェクトが変更したときにリカバリ方法などが仕組み化されていて、便利と感じる人も多い様です。 ほかにも、Backlogやwrike、asana、trello、stock. 腐るほどあります。レッドオーシャンやったんかい! そのツールを使っても、実際に開発する人の作業は何にも変わりません。 そして、「このタスクいつ終わるの?」と聞かれて、先週は10%進んでいて、来週までに終わらせるから、とりあえず「50%ぐらい進んでます」と言っておけばいいと思ってそのまま進捗管理ツールに登録しているエンジニア、多く無いですか? 要するに、進捗率って、ナンの根拠もない数値である事が大半なんですよね。

%に意味はなく、0か100かそれ以外で考えよ

そもそも進捗率って、ちゃんと工数を消化できているか、納期までに完了できるかという目安にするためのものですよね。 ウォーターフォール式で、全ての作業を洗い出して、全部で100個の作業があった時に、10個の作業が終わっていれば、10%とするとわかりやすいと思いますが、実際は、1機能で1タスクで数える事が多く、 1タスクの進捗度合いが、半分ぐらい終わっているから50%としてしまいがちです。 この50%は、開発のコーディング作業が終わるまでの時間で、その後の検証やら、問題発生時の工数は含まれないので、結果的にそうした作業があとから追加されて、想定工数をオーバーしてしまうケースがよくあります。 もちろん、作業を細かなタスクとして登録できればいいのですが、そうしたことを踏まえての設計をきちんとできている現場もなかなか少ないのも現実なので、多くの現場では、 想定外が発生した時のリカバリー期間を、「バッファ」という名目で設けています。これもまた曖昧な単位で笑ってしまうんですが、想定の20%から30%ぐらいのバッファが普通という風に感じている人もいれば、 200%ぐらいの感覚もいるし、実際にお金を支払うクライアントからすると、1%でもバッファなんか設けてくれるなと考えている人たちもいます。 個人的にはバッファと聞くともはやカオス開発現場という風に聞こえてしまうのは正常なのでしょうか? やはり、デジタル作業ということも考えて、0か1でタスクの完了を判断するのが好ましいですね。

進捗に悩んでいる人の話

とにかく、ディレクションをする人で、開発現場の進捗管理をする中間管理職の人は、おそらく多くの場合、「面白くない仕事」と感じているでしょう。 ユゲタも正直、その仕事に面白みを感じるポイントは少ないですね〜。 1人でやった方がよっぽど効率的だし、独創的な開発がなかなができないというデメリットを強く感じてしまうので、 なるべく納期のある仕事は短期のみに留めたいと考えてしまいます。 長期で縛られる案件って、まあまあな手足縛られ感があるので、個人的にはその開発期間中はなんか閉塞感があるんですよね〜。 開発の人で、こんな感情に共感できる人いませんか?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる